1st Album
LOGBOOK
 
1. 足跡
2. Mr.Bravery
3. 今日も歌う理由(Album ver.)
4. 同じ未来で
5. 悲しみの足音
6. 背中
7. オーエス
8. cockcrow
9. 陽のあたる場所
10. ネリネ(Album ver.)
11. あらすじのない明日
12. 君がいるクリスマスナイト
13. continue
 
¥3,000(税込)
 
ライブ会場にて販売中!
 
阿部祐也オフィシャルウェブショップでは、全国どこからでもご購入いただけます!

 

「足跡」
この歌は、二十歳の頃に作った歌。
サザーランド(昔やっていたバンド)でも何回かライブでやっていたと思う。
局長は、いや、曲調はさわやかだけど、まぁ失恋ソング。
俺が世界で一番好きな海、山形県の湯野浜の海、砂浜が舞台になっています。
イントロのギターのフレーズは、別の曲の歌のメロディにしようと思っていたやつ。
一番のお気に入りは、
「あの日とよく似た打ち上げ花火 今は一人見上げている」
という一文。
実話。小雨降ってたなぁ。
あ、泣きそう。
(阿部祐也)
 
作詞・作曲:阿部祐也
編曲:山原一浩
 
 
足跡
 
誰もいない砂浜
焼けた肩寄せ合って にじんだ夕日を眺めてた
赤く染まった君の頬
 
遠ざかるほど輝く
「思い出」とは呼びたくない
夏がくる度に痛みをます
君と過ごした日々の跡
 
気付けばまたここにいた
二人肩を並べて歩いた季節を追いかけても…
 
波に消されてゆく足跡
揺るがない君への思いと
時を経ても色あせない思い出だけ残して
出会ったあの夏の夜は
こんな日が来るとは思わずにいたよ
何故に過ぎ去った日々ばかりが輝く
 
君の目には星空
「このまま時が止まってしまえばいいね」
と呟いて朱く染まった君の頬
 
遠い未来を夢見てたこの防波堤
いるはずもない君の面影を追い求めてた…
 
あの日とよく似た打ち上げ花火
今は一人見上げている
ここに来れば君に会えるような気もしてた
懐かしささえ帯びてゆく呼びやすい君の名前も
胸をかすめるあの笑顔も
押し寄せる波に消されていく
 
波に消されてゆく足跡
揺るがない君への思いと
時を経ても色あせない思い出だけ残して
出会ったあの夏の夜は
こんな日が来るとは思わずにいたよ
何故に過ぎ去った日々ばかりが…
 
あの日とよく似た打ち上げ花火
今は一人見上げている
ここに来れば君に会えるような気もしてた
懐かしささえ帯びてゆく呼びやすい君の名前も
胸をかすめるあの笑顔も
押し寄せる波に消されていく…

1st Album『LOGBOOK』試聴